【MHF】プロハンターの部下が私を襲う

書かないとまたやりそうなので書く。

某ブログのプロハンターが私に刺客を送った。
プロハンターのブログ

mhf_20170415_223448_064.jpg 




おい、フルルコ装備に喧嘩売ってんのか!!!!



私の怒りは止まらない。
その矛先は一日の食費100円+MHXXに逃げたエアプログイン勢の某プロハンに向けられた。
※仮にも彼にはとても助けられました。これは大好きの裏返しなんだよぉ!?



mhf_20170415_223241_897.jpg 


「磁力耐性を舐めるな」












やかましいわwwwwwwwwwwwwwwwwwww






私の怒りは止まらない。










mhf_20170415_223328_934.jpg 









裏切者には鉄槌あるのみ








mhf_20170415_224537_922.jpg 






え、死んだのか?






bandicam 2017-04-17 00-37-53-646 
否定出来ない件。

まあ許そう。









***


ロビーに戻ると唖然


mhf_20170416_000337_165.jpg mhf_20170416_000725_700.jpg 


このブラウン管小僧どもが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


※愛棒のまぐらさんがコメント欄で真相を語っている件
朝から吹いたぞwww
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ルコレビ紛争(るこれびふんそう)

ルコレビ紛争とは,2017年某日に勃発した部族間紛争である。

○前史
 ルコ族とレビ族は当初,出自を同じくする部族として共存していたが,ルコ族の極右主義者フルル=コマンが過激思想「ルコ一式主義」を掲げ,ルコ族の扇動を開始した。
 この頃レビ族には「ぼっち主義」が浸透しており,特に結束することなく事態の推移を見守っていたが,同時期に族長に選ばれたオーキ一世が私財のやりくりに窮々とするばかりで無為無策であったため,さらなる混乱を招くこととなった。

○対立の激化
 フルル=コマンは「クソブログ」と名付けたプロパガンダにより,さらなる思想の浸透と先鋭化を計った。
 その脅威に接したオーキ一世は遅まきながら「レビ一式主義」を発表し対抗するが,フルル=コマンは隣国サルボボ国にも工作活動を行い勢力を拡大させて行く。
 レビ族の間には,もはやオーキ一世では事態の収拾は困難という認識が広まり,レビ一式の衣装に身を包み実力行使を訴える者が出るなど,紛争の下地が整いつつあった。

○紛争勃発
 2017年4月某日,フルル=コマンがサルボボ国内での支持拡大を狙ってレビ族を挑発したことにより,遂に紛争の戦端が開かれた。
 当初フルル=コマンはレビ族の動きに対し,「オーキ一世が出てこない限りレビ族とは対話しない」と強硬な姿勢であった。
 しかしながら係争地となったチック3地方ではレビ族は迫害を受けつつあり,悲観したレビ族のある者は「未強化レビ一式でクエに行って乙りまくる」といったテロ行為に及ぶなど,社会不安が拡大した。
 また,レビ族が自衛のため呼び込んだ傭兵エネマ=グラは,事態を把握せず半裸の衣装で現れ,ルコ族レビ族双方の反感を買うなど,事態は混迷するばかりであった(後に身の危険を感じ,形式的にレビ族支持を表明)。
 深夜,サルボボ国内での活動が一段落し帰還したフルル=コマンを,レビ族の過激派が取り囲みリンチする事件が起こる。
 この事件はサルボボ国民には「なんかカオス」「レビだらけで気持ち悪い」など,レビ族には「作ったはいいけど今更こんな装備いつ使うんだよ」」「紫と黄色だらけで目がチカチカする」など,双方に深い傷跡を残した。
 これ以降,ルコ族とレビ族の争いはサルボボ国をも巻き込みながら,現在も解決の糸口がつかめないまま継続中である。

ヤバいw腹が痛いw

No title

桜さるぼぼフルルコ隊VSオーキ一世フルレビ団みたいな感じでお互いに交流会やれたら面白そうだわねo(^▽^)o

補遺:
絞留会(こうりゅうかい)

敵対部族を襲い、木に吊るし留める虐殺のこと。
ルコレビ紛争中にサルボボ国内で広く行われ、酸鼻を極めた。
後にストレンジフルーツ(奇妙な果実)として流行歌のモチーフとなり、人種差別の悲惨さを世に知らしめることとなる。

で、フルルコマンはどこに吊るせばよろしいでしょうか